タミフル対策室

数年前から何かと悪い話ばかり聞くタミフル。しかしその効果は高く、医者からタミフルを処方される人は少なくありません。タミフルを処方された時、そのお薬とどう向き合っていけばいいのか。

富士とタミフルと食事について

富士でインフルエンザに感染した場合、タミフルなどの抗インフルエンザ薬を服用することになるでしょう。タミフルはすぐにインフルエンザの症状を改善することができますが、症状が落ち着くまでに多少時間がかかることもあります。症状が落ち着くまでは体の水分が失われてしまいますし、脱水症状にならないためにはこまめに水分補給を行うようにしましょう。タミフルを飲むだけでもインフルエンザの治療には効果的ですが、食事に気を付けることで体力をつけることに繋がります。ちなみに、インフルエンザで熱が出ている場合、水分補給の方法も大切です。軽い風邪ならお茶や水を飲んでも良いのですが、下痢などの症状がある場合は経口補水液やスポーツ飲料がおすすめです。このような飲み物なら汗で失ってしまったミネラル分も同時に補給することができますし、果汁などのビタミンも豊富に含まれているので一石二鳥となっています。経口補水液は胃から吸収しやすい成分で作られており、塩分も遺書に摂取できるというメリットが挙げられます。水分だけを摂り過ぎると利尿作用が働きますし、体内の塩分が急激に減少してしまいます。また、スポーツ飲料もインフルエンザの時に飲むと良いのですが、子供の場合は大人よりも脱水症状を起こしやすいため、こまめに水分補給をすることが大切です。また、高齢者の場合は喉の渇きを感じにくいことがあるため、時間を決めて水分を摂取した方が良いかもしれません。インフルエンザで食欲がない場合、水分補給を中心にすると良いでしょう。食欲が回復してきたら野菜スープなどビタミンが豊富なものから食べ始めるのがおすすめです。卵などの消化が良いたんぱく質と緑黄色野菜を合わせて食べるのも良いですが、消化器官が弱っているので少しずつ食べるようにしましょう。また、うどんやおかゆ、豆腐などは栄養価が高く、消化も良いので食べやすくなっています。