タミフル対策室

数年前から何かと悪い話ばかり聞くタミフル。しかしその効果は高く、医者からタミフルを処方される人は少なくありません。タミフルを処方された時、そのお薬とどう向き合っていけばいいのか。

処方薬としてのタミフルとアビガンの違い

タミフルというのは、一般的に知られた抗インフルエンザ薬ですが、アビガンと呼ばれる薬もインフルエンザ治療薬として処方されています。タミフルとアビガンは、いずれもインフルエンザにかかった際に処方されていますが、違いはインフルエンザに対する作用が異なっている点が挙げられます。タミフルは、ノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれ、インフルエンザウイルスに対してノイラミニダーゼを阻害します。これは、感染した細胞からウイルスが逃げ出すことを防ぐためのものであり、それによってウイルスを退治しやすくするものです。ノイラミニダーゼ阻害薬であるタミフルは、インフルエンザに感染してから初期の場合に処方されるものですから、48時間以降経過したウイルスに対しては効果がありません。一方、アビガンはタミフルとは違って、RNAポリメラーゼ阻害薬と呼ばれる薬になります。アビガンは別名ファビピラビルとも呼ばれていますが、このRNAポリメラーゼ阻害薬は、インフルエンザウイルスの中に入り込んだ状態で、ウイルスの増殖を阻止するタイプの薬です。このため、既にインフルエンザウイルスが増殖してしまった後の48時間以降でも、治癒の効果が見込める薬となっています。しかし、ウイルスに感染した初期段階では、タミフルを処方されることが多いですから、アビガンは一般的にはあまり知名度はありません。ただし、抗インフルエンザ薬としての効果がありますので、処方された時には、医師の説明を十分に聞いておくことが大切です。タミフルとアビガンには、インフルエンザウイルスに対する作用の違いがあるわけですが、どちらもインフルエンザ治療薬であることに変わりありません。