タミフル対策室

数年前から何かと悪い話ばかり聞くタミフル。しかしその効果は高く、医者からタミフルを処方される人は少なくありません。タミフルを処方された時、そのお薬とどう向き合っていけばいいのか。

タミフルと人と発疹について

大人がインフルエンザにかかった場合、発疹が出てしまうこともあると言われています。そこでこの症状が出てしまった場合の対処方法について知っておくと良いでしょう。インフルエンザで高熱が出た後に発疹が出てしまうのは突発性発疹症と考えられており、ウイルスが原因となっています。この病気は子供だけでなく大人でも発症するとされており、発疹と発熱が同時に起こることもあります。インフルエンザによる発疹が出てしまった場合、皮膚科ではなく内科で診療を受けると良いでしょう。これは体の内部に原因があるため、内科に行った方が最適な治療を受けられるということです。また、インフルエンザの予防接種が原因で発疹が出てしまうという人もいます。 その中には蕁麻疹が出てしまう人もいますが、ほとんどの場合は2~3日程度で消えるので心配ありません。医学者の中にはインフルエンザの予防にワクチンは効果がないと考えている人もいます。また、ワクチンで発疹が出る可能性もありますし、予防接種を受けずにインフルエンザ対策をするというのも良いでしょう。インフルエンザ対策というとワクチンをイメージする人も多いのですが、実はタミフルもインフルエンザの予防に役立ちます。タミフルはインフルエンザの治療薬としてよく知られており、名前を聞いたことのある人も多いでしょう。この薬はインフルエンザの特効薬とされていますが、服用することで異常行動などの副作用が出てしまうリスクもあります。大人の場合は頭痛と吐き気、下痢、嘔吐、腹痛などの副作用が出やすく、これは体内の異物を外に排出しようとする反応です。しかし、外から上手く異物を排出できないという場合、体は皮膚の表面から異物を出そうとするため、発疹などが出てしまうということです。